醍醐寺

地元の人ほど地元を知らない、というのはよくある話。京都人もまさにその通りやと思います。
いざ京都のエエとこは?て聞かれても京都観光とかした事ないもんわかる分けないし(笑)。
という事で、ボクは出身でもある醍醐、そして庭のようにしていた醍醐寺をご紹介します。

もちろん国宝、三宝院など歴史的にも有名なお寺さんだけに知ってる人も多いとは思います。

最近では入場料も必要になってるとかでビックリ!醍醐寺の醍醐味は、エリア全体をのんびり散策です。

特に春、桜が有名ではありますが、以外に夏もアリだと思います。

まず空気が良いし、自然の心地よい涼しさは体感しないとわかりません。
蝉がヤイヤイいうてるあぜ道を、ゆ〜っくり歩くのはサイコーですよ。

ボクの場合は哲学の路よりもいろいろ考えられます。

国宝を横目にズンズン奥まで行けば、軽い登山も出来るし、ええ運動にもなります。
パワー的にはよくわかりませんが(笑)、歴史的背景とか考えるとそれなりにパワーあると思いますよ。

気持ちが入れ替わるというか、おだやかになれる空気感が良いと思います。

人が押し寄せる時期は外して、無言で歩きたい場所。